アクセス 電話をかける

看護部ご挨拶

看護部ページをご覧のみなさまへのメッセージ

看護部部長 乾 静

団塊の世代がすべて75歳以上を迎える2025年を見据え、私たち看護部は、病院の理念の下、明確な短期・中期・長期目標を立て、着実な歩みを続けていきたいと考えています。
最も注力すべきは、看護の基礎教育と臨床教育間にあるギャップを最小にすること。たとえ忙しくても“看護が楽しい、職場が楽しい”と思える環境を整えること。そして、地域の中核病院として、医療連携を根付かせるための継続看護のシステム化を確立することだと考えています。
現場のスタッフが最大限に力を発揮できるよう、看護部部長をはじめ各副部長、各所長が一致団結し、看護部全体を盛り立てて、地域の方々から「なくてはならない看護師さんたち」と言われる看護部組織づくりを夢に前進していきたいと思っています。
楽しい職場づくりに興味のある方、一度病院を見にいらしてみませんか。

地域連携センター  副部長 金村 恵子

医真会でお世話になって10年、めまぐるしく日進月歩する医療の難しさ、知る楽しさ、たくさんの方との出会いの中から、自分自身の仕事のやりがいを見つけ少しは成長できた気がします。
救急医療、急性期医療に重点をおき地域住民の健康管理を担う医療機関として、看護師の役割はとても重要です。教育を通して安心して働け、看護師として精神的にも技術的にも成長でき、それぞれに持つ力を充分に発揮できる職場環境を提供できるよう、皆さんの声に耳を傾けお手伝いしていきます。
まだまだ未熟ではございますが、たくさんの方のお知恵をかりながら活動していきたいと考えています。一緒に成長していきましょう。いろいろな発見がありますよ。


看護部教育理念

教育理念

1.病院・看護部の理念に基づき、変化する社会のニーズに対応し、あらゆる状況において自信と誇りをもって看護を提供できる人材を育成する。
2.豊かな感性と倫理観をもち、安心・安全・安楽を提供できる人材を育成する。

教育目的

社会の要請に応じるために、専門職としての自信と誇りをもち、主体的かつ自発的に学習する態度を養い、科学的根拠に基づいた質の高い看護が提供できる人材を育成する。

教育目標

1.社会人としての自覚をもち、医真会の看護師として責任ある行動がとれる。
2.安全管理の視点からも看護の知識・技術を高め、事故低減に努めている。
2.研究的思考をもって、日々の業務を通し看護の独自性を探求することができる。

部署紹介

 医真会八尾総合病院は、大阪・中河内エリアの50万人の地域住民の皆様の急性期医療を支える病院として活動しています。

Scroll Up